WEB・ブログ

【田舎に生まれ育つこと】福井の高校生だった私に伝えたい教育格差の現実と大学選び

のぶです。

先日Youtubeで「教育格差」に関する動画を見ました。

これはNews Picksがアップしている動画で、落合陽一さんと「子供の教育格差」に関する専門家が議論し合うという内容。

この動画で自分にすごく刺さったのが動画の09:43頃からのnoteがバズった理由の考察内容。

山邊さんのnoteがバズり、1日に50人以上の人からストーリーが届くようになる。

反響に対するnoteがバズった理由の考察内容
  • 地方から東京に行ったりとかで、自分の普通が相手の普通とは違い話が噛み合わない経験
  • それに伴って感じた寂しさや孤独感を共有できる相手がいなかった

noteがバズったのは、教育格差があること自体を知らなかった人がそれだけ多かったからじゃないか。という推測。

「あー、すごいわかるー。刺さるー。」

そして私もまた、山邊さんのnoteに触発されて自分語りをする何万人の中のひとりになりやす。

前置き(長いので飛ばしてok)

私が「教育格差」を知った最悪なタイミング

決定的になったのは就活の時。私は福井県の高校から愛知県の某国立大学に進学し、東京で就活してた。

留学してたので大学の同期たちは既に就活を終えてたけど、ほとんどが名古屋の企業に就職。皆聞いたことがある地元の有名企業に内定してたし、皆わりとスムーズに就職してたように見えた。

一方、東京で就活する私は苦戦した。

大学名は何も強みにならないし、留学してたなんて東京じゃわりと普通にいるし。むしろネイティブ多くね?

そんな時、留学中に知り合った同じく地方出身・地方の国立大学在学で東京で就活してる友達と電話した。

彼は日台ハーフで中国語も英語もペラペラだし、努力家だし、お父さん社長って言ってたし。余裕だろ。(私の心の声)

彼は私に言う。

「この前○○(有名私大の共通の友達)と会ったんだけど、同じ会社に興味あって。俺説明会に申し込もうとしたら既に満席やったんよな。」

「でも○○は、今見ても空席あるって言うんよ。」

友達の声が暗くなる。

「俺、就職留年しようかな」

その夜号泣した。○○よりも言語もできて、留学先での成績もよくて、あんなに頑張ってた奴が門前払いなのか。

当時の私は他人のことなんて考えてる余裕ないはずなのに、自分のことのように感じた。泣いた。

結局彼は就職留年した。

就活中のただでさえメンタルがやられている時期に、私は「教育格差」を知っちゃったんですよね。

「教育格差」ではなく「情報格差」だと思っていた

当時ありがたいことに、私にはこの寂しさを共有できる彼氏(今の旦那)が居た。

彼氏は地方都市から東京の国立大に進学したので、私よりも早い段階で教育格差なるものを感じ取っていたし、既に彼なりに分析してたみたいでとても共感してくれた。そのおかげで何とか潰れずに済んだのだ。

ただ私は今回山邊さんのnoteを知るまでは、この時感じた寂しさは「教育格差」ではなく「情報格差」によるものだと思っていた。

田舎より都会の方が、学校の先生が持っているデータも、塾の講師たちも充実している。= 田舎は受験に関する情報が少ないつまり情報格差だと。

でも違った。今思えば当時だってスマホが普及し始めていて、誰だって気軽にインターネットは観れていたし、日本の就職に強いのは東京の私大だって本や雑誌でも分かっていたはず。

じゃあなぜ私は有名大学を受験せず、東京に行くことすらしなかったのか。

それは教育だった。

前置きが非常に長くなりましたが、そんな私が高校生だった時の私に伝えたいこと書いていきます。

福井で高校生やってた私に伝えたいこと

高校生の私よ、シンプルに伝えるぜ。

あ、前置きしておくけど自分が進んだ大学に後悔は無いよ。

その選択でハードモードだったなって思うことはあるけど、素敵な人にたくさん出会えたよ。

※内容は高校や大学を批判したいわけではないので悪しからず

その1:国公立大学信仰はマジで捨てた方がいい

巷では「国公立至上主義」とも呼ばれるんだよね。

高校の先生(特に数学のアノ先生)、すごく良くしてくれたけど学年集会をすれば国立大学の話ばっかりじゃない? 話題にされるのも東大・京大・旧帝大が主軸で、地元や近隣県の国公立大学への進学率も上々。みたいな。

知らないうちに国公立大学に行くのが偉い!って考えを擦り込まれてるけど、そんなことないからね。

「自分がやりたいこと」「学びたいこと」「将来なりたいもの」は国公立じゃなきゃ叶えられないわけじゃないよ。

その2:私立を馬鹿にするな

そもそも福井って公立高校が比較的偏差値が高くて、私立高校は低いイメージあると思うんだけど、それ特殊だから。

有名大への進学実績だったり偏差値でも良いけど、日本全国のランキング見てみ? 上位にくる高校は私立の方が圧倒的に多いんだぞ。

都会の教育熱心な親は、自分の子供に幼稚園・小学校・中学校に入る時点で受験をさせるのよ。福井だと受験なんて高校で始めて受ける人がほとんどだから分からないかもしれないけど。

だから小・中学時代から知らず知らずに私立=悪(言い過ぎか?)って考えてたのよ、私。そんな考え浅はかだから捨てなさい。

そういえば高校の指定校推薦さ、早慶・MARCHの推薦枠余りまくってたじゃん? 今思うとめっちゃ勿体無いって思うわ(笑)

その3:親に頼りな!

福井って全国的に見ても共働き率が高くて、貯蓄もあるのよ。きっと自分の親もそうだと思うわ。

しかもありがたいことに、うちの両親は「絶対国公立行け」「絶対地元の大学に行け」なんて言わないじゃん?

(むしろ県外に出ろって言ってたよな確か)

だから学費が安い国公立に絶対入りたい! って思わなくても良いのよ。

それくらい全然わがままじゃないよ。

何より大事なのは自分の将来のためのベストな選択をすることだからね。

その4:でも結局は自分次第だからね

今まで散々好き勝手言ってきたけど、じゃあ東京の私大に行ったら成功するってわけじゃ無いからね(笑)

結局はどの大学に行っても自分次第よ。

私がいちばん知って欲しかったのは、知らないうちに自分の選択肢を削ってるなんて死ぬほど勿体無いぞってこと。

と、それを教えてくれる人が周りにいなかったっていう事実だけは胸に刻んでおいて。

世界は広いよ!

ABOUT ME
のぶさん
ハネムーンマニア編集長 東京の旅行代理店で毎年100組以上のカップルを海外にお送りしてた猛者。旅行会社での経験と、旅行オタク的視点から海外挙式やハネムーン情報などなどをお届け。HTMLとCSS勉強中。