ニューカレドニア

【ヌメア宿泊レポ】ニューカレドニア メリディアンヌメア&リリアルチャペルに行ってきました!

ニューカレドニアの本島ヌメア近く、アンスバタビーチにある「ル メリディアン ヌメア リゾート&スパ Le Méridien Noumea Resort & Spa」(以下メリディアンヌメア)。実際に行って視察した感想を織り交ぜながら、ホテルやチャペルについて紹介させていただきます。

レセプション

場所

空港からホテルまでは車で1時間ほどかかります。

ホテルはヌメアエリアとしてカテゴライズされますが、実際はヌメアよりも車で15分ほど南下したアンスバタというエリアに位置しています。

アンスバタエリアはアンスバタビーチに沿って1本道が通っており、その道沿いにホテルやレストランが立ち並ぶリゾート地です。例えるなら、超小規模のワイキキのようなイメージです。

アンスバタにはヒルトンやシャトーロワイヤルなど高級リゾートから、ラマダホテルやヌバタホテルなど比較的リーズナブルなホテルまでもが集まっています。その中でも今回ご紹介するメリディアン ヌメアはアンスバタビーチの最も東側に位置しています。

ここで押さえて欲しいポイントはふたつ。

  • 空港から1時間ほどかかる

 →日本からの国際線は到着が23時前後のため、ホテルへの到着は日付が変わるくらいになります。

  • ヌメアには車で15分ほどかかる

 →ヌメアに行くにはタクシーやバスを利用する必要があります。またホテルで挙式を行う場合、参列者がヌメア泊だと移動が必要になってしまうため注意が必要です。

ホテル・お部屋紹介

開業開業 1995年 / 2016年にリニューアルオープン
系列マリオットグループ
部屋数6階建 / 総客室数 207室
チェックイン15:00〜
チェックアウト〜12:00
対応言語英語/フランス語
Wi-Fi無料
電源プラグCタイプ
その他喫煙ルームはリクエスト可(確約不可)

ホテル自体は2016年にリニューアルオープンされているため、お部屋をはじめ全館とても清潔感があり快適に過ごせました。ヌメアの他ホテルよりもレセプションエリアが広く、長旅で疲れた私はソファで一旦休憩(笑)数分してすぐにチェックインを行いました。

以前は日本人スタッフの方がいらっしゃったようですが、現在は不在とのこと。海外ホテルの日本人スタッフは入れ替わりが激しいですしね…基本現地では英語だと思っていてください。

のぶさん

英語なんて全く無理!という方は、何かあった場合日本語で対応してくれる日本の旅行会社に頼むのがおすすめ

レセプションに向かって左側、奥に進むとウェディングサロン、目の前には大きな階段がありました。ここで写真を撮るのも素敵だろうなーと考えたのを思い出します。

施設紹介

ホテルはアンスバタビーチの東端にあるため、同エリアの他ホテルと比べると敷地も広くホテル施設も充実しています。3日間だけなどショートステイの方や、本島だけのステイの方でもしっかりリゾート感を味わうことができます。

広々とした敷地にはパブリックプールやジムも
レストラン4つ
Le Sextant(インターナショナル)★朝食はここ
L’Hippocampe(フレンチ/ディナーのみ)※ドレスコードあり
Le Faré(グリルバー/ランチのみ)
Latitude 22°(コーヒーハウス)
朝食アメリカンビュッフェ
スパDeep Nature Spa
メインレストラン「Le Sextant」

1階には日本食レストラン「Le Shogun」や、日本のツアー客を多く扱うサウスパシフィックツアーズのオフィスも入っています。

お部屋の特徴

メリディアンヌメアのお部屋はダークブラウンと白を基調としたお部屋に、ホテルのテーマカラーであるレッドバイオレットがポイントになったスタイリッシュな内装です。

お部屋のカテゴリー

カテゴリー名平米数ベッド最大利用人数部屋からの眺め特徴
クラシック42キングorツイン3名ガーデン
スーペリア42キングorツイン3名オーシャン★ハネムーナーおすすめ
ボヤージャースイート841キング+ソファベッド4名ガーデン簡易キッチン
リゾートスイート841キング2名ガーデンorオーシャン
ディプロマティックスイート1061キング2名パノラミックオーシャン★ハネムーナーおすすめ
プレジデンタルスイート2101キング2名オーシャン上階確約/サンデッキ/簡易キッチン
全室バルコニー付き! 上記詳細は予約の際にホテルや旅行会社に確認してください

部屋カテゴリーは6種類(サイトによってはクラシックとスーペリアをベッドルームでそれぞれ分けて8種類になることも)。

スイートルームから眺めるオーシャンビュー

宿泊した部屋 クラシックルーム(ツインベッド)

クラシックルーム 奥側にはタマゴ型の椅子(これ全室にあるのかな…)

今回私が泊まったのは最もスタンダードな「クラシックルーム(ツインベッド)」。リゾート地のいちばん下のカテゴリーのお部屋って広くても30平米前後が多いのですが、このお部屋は42平米もあり広々としてゆっくり過ごすことができました。

私は今回他のホテルのお部屋をアップグレードし、メリディアンヌメアは宿泊してみたいという希望で1泊だったためガーデンビューのお部屋に泊まりました。もし連泊される方や、ハネムーナーの皆様はせっかく全室にバルコニーが付いているため、オーシャンビューが断然おすすめですよ!

のぶさん

特に挙式をされる方は準備や撮影がお部屋から始まるため、オーシャンビューがマスト!

ディルマの紅茶がありました
シャワーの水圧はそこそこ
広々としたバスタブ◎
コンセントプラグは左のCタイプが一般的 ※日本とは電圧が違うので注意

全体的にコンパクトにまとまりつつも、日本人でも問題なく宿泊できる清潔感。安心して宿泊ができるホテルです。

ただ金額も高めなので、金額相応かな。やっぱりできればオーシャンビューにすればよかった…!

ボヤージャースイート

スイートルームは最低84平米あり、通常のお部屋の2倍の広さ。ベッドルームだけではなくリビングルームがあることが特徴です。

リビングルームには書斎デスクまで!
レッドヴァイオレットカラーが基調のベッドルーム奥にバスルームがあります
ベッドルームからバスルームにはすぐにアクセス可能
簡易キッチンはこんな感じ
お部屋からのガーデンビュー

ディープネイチャースパ

このプールを利用するために来る方も多いのだとか

ホテル施設が充実していると記述しましたが、特筆すべきはスパ! 「Deep Nature Spa」はフランス本国をはじめ、ヨーロッパのセレブたちにも人気の高級リラクゼーションサロン。

ニューカレドニアのMarriott系列のホテル3つに入っており、現地の方にも人気のスパです。

その3つの中でもメリディアンヌメアのスパには大きな室内プールがあり、プールだけの利用も可能。おふたりで施術を受けられるカップルマッサージもあり、最終日の出発時間までの空いた時間で利用するのもおすすめ。

カップル向けの施術室
のぶさん

基本的に事前予約が必要なので要注意。他ホテル宿泊者も利用できますよ!

リリアルチャペル

実際に私がデジカメで撮った写真です
オープン2013年
取り扱い手配会社クチュールナオコ ウエディング
収容人数約30名
催行日月曜日〜土曜日 ※日曜日,祝祭日は催行不可
催行時間月~金曜日:10:00 12:00 14:00 土曜日:10:00 12:00
バージンロード13.5m
式中言の語フランス語
価格帯挙式代金40万円〜 衣装や写真込みだと80万円〜(Honey Travel調べ) ニューカレドニアでは高め
特徴チャペルは360度外が眺められるようになっており、目の前には遮るものの無い海が広がります。

メリディアン・リリアルチャペルは白を基調としたオーシャンビューのチャペルです。その特徴はなんと言ってもすぐ目の前に海が広がること!

チャペルと海の距離が近いので、挙式中は常に近くに海を感じることができます。

ホテルのお部屋から見たチャペル

リリアルチャペルの落とし穴?

白を基調としたチャペルには天井にシャンデリアがあったりバージンロードにお花アレンジができたり、ハワイのチャペルをモデルに作られたのかなと思いました。

実際に見てみると高さがあまり無いためか、かなりこぢんまりとした印象でハワイの大きなチャペルと比べると物足りない感じが否めません

まさにニューカレドニアらしいアットホームで小規模の挙式を希望されてる方や、式場よりも美しい海やロケーションを重視されてる方向けのチャペルです。

のぶさん

チャペルの窓部分は青味を帯びていますが、実際に中から見るときれいに海が見えます

ここだけの話、実は超お得なフォトプランがある

クチュールナオコのプランには、挙式を挙げなくてもチャペルで写真が撮れるウェディングフォトプランが存在します!

リリアルチャペルとビーチでの撮影で基本料金が178,000円(※2021年6月30日までのプランの場合)。衣装のアップグレード代金を見越しても30万円前後で撮影が可能です。

※詳細は手配会社に確認を。

  • 挙式を行わなくてもチャペルで写真が撮れるお得さ
  • 予算を抑えたい方に
  • 前撮りやハネムーンついでに
のぶさん

※決して安ければ良いということではないので、おふたりに合ったプランを選んでくださいね

系列ホテルに泊まると割引あり

ニューカレドニアのホテルは少し変わっていて、ほとんどのホテルがそれぞれ系列のホテルを有しており、そのホテルを組み合わせることで割引が効きます。※自己手配の場合はご自身で確認お願いします

のぶさん

旅行会社の多くの周遊ツアーはグループのホテルでアサインされているはず

メリディアンヌメアの場合は、同じくマリオット系列のホテルがニューカレドニアに2軒存在します。

シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・スパ&ゴルフリゾート
レセプションに足を踏み入れた瞬間から感動の連続間違いなし

ひとつは同じくニューカレドニアの本島にある「シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・スパ&ゴルフリゾート Sheraton New Caledonia Deva Spa & Golf Resort」。メリディアン ヌメアとは真逆で、空港から西側に車で1時間40分のブーライユというエリアにあり、メリディアンヌメアからは3時間ほどの道のりです。

四国ほどの大きさと言われるニューカレドニアで、メリディアンヌメアとシェラトンデヴァを結ぶと本島の約半分の距離になります。

まさに秘境にポツンと存在するプライベートリゾート! 海も山も楽しめます
https://nobutraveljp.com/20201212/ https://nobutraveljp.com/20201217/
ル メリディアン・イルデパン

もうひとつはイルデパン島にある「ル メリディアン・イルデパン Le Meridien Ile Des Pins」

イルデパン島にはホテルやロッジがいくつかありますが、旅行会社に行くとほとんどのハネムーナーはこのメリディアンイルデパンをおすすめされると思います。

天然のプールと呼ばれるイルデパン島イチの観光地「ピッシンヌナチュレル」の隣に位置しており、ホテル施設も充実しています。

ABOUT ME
のぶさん
ハネムーンマニア編集長 東京の旅行代理店で毎年100組以上のカップルを海外にお送りしてた猛者。旅行会社での経験と、旅行オタク的視点から海外挙式やハネムーン情報などなどをお届け。HTMLとCSS勉強中。